ファスティング アトピー

ファスティングをすることによって、身体の中の毒素が体外に出る「デトックス効果」が得られますので、アトピーなどのアレルギー症状の改善にも効果が期待できます。

アトピーは、身体の中のアレルギー反応が肌に炎症となって現れる病気です。アレルギーとは、何らかの物質に対して身体が拒否反応を示している状態で、それまでは全く異常がなかったのに、突然アレルギー反応が出ることがあります。これは例えれば、アレルギーを起す物質である「水」がコップの中から溢れ出てしまう状態に似ていて、一度アレルギー症状が発症すると、完治することはないと言われています。そして、症状はどんどん悪化の一途を辿るというのが一般的で、1つの症状をきっかけに他のアレルギーも引き起こしやすくなります。

ファスティングで断食をすることによって、身体の中に溜まっていたアレルギーの元となっている毒素を体外に排出し、アトピーの症状を緩和する効果が期待できます。体内に溜まっている毒素は、妊娠して胎児を分娩する時にも体外に排出されると言われていますが、出産時以外は、基本的には体内に一生留まったままです。しかしファスティングなら、体外に毒素を排出することが可能になるのです。

このようにファスティングにはそのデトックス効果によって、アトピーだけでなく、アトピー以外のアレルギー症状の改善、血液や肝臓、大腸などの臓器をきれいにする効果もあります。これがファスティングが、ダイエット目的だけでなく、代替医療として利用される理由なのです。

【お盆も営業中☆ポイント全品10倍☆】【8月17日09:59まで】【06dw08】ビューティーヘルスエン…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ