ファスティング 下痢

ファスティングに取り組んだ後、普段の食事に戻った時に下痢をしてしまう人がいます。それはなぜでしょうか?

ファスティングとは、お腹の中を空っぽにするのが目的なわけですから、断食中は胃腸の活動がほとんど止まっている状態になります。そのファスティング状態でいきなり、今まで通りの食事を摂れば、胃腸がびっくりしてしまい、正常な働きをすることができなくなります。そのため、消化不良を起こし、下痢となるのです。良く考えれば、当然のことと言えます。

そのため、ファスティングでしばらく普段の食事を摂ることを止めていた場合は、消化の良い食べ物を少しずつ、ゆっくりと摂ることによって次第に胃腸の働きを促す必要があります。ファスティング後は、できるだけ胃腸に負担が少なくて消化しやすい食べ物を選ぶことで、下痢を防げます。具体的には、おかゆや、うどん、脂肪分の少ない鶏のささみ、白身の魚などが良いでしょう。できるだけ油を使った料理は避けてください。また、食べ物の温度にも注意しましょう。熱過ぎても、冷た過ぎても良くありません。「人肌」と言われる、ぬるま湯程度の温度が最適です。これはつまり人間の体温に一番近い温度なので、刺激が少ないのです。

ファスティング後は、香辛料にも注意しましょう。特に唐辛子は刺激が強いので、下痢を起こしやすくなります。ヨーグルトは高タンパクで消化吸収しやすいので、適した食べ物ですが、人によっては下痢をすることもあります。普段、乳製品を食べ慣れていない人は注意しましょう。

【♪ポイント全品10倍♪】【8月20日09:59まで】【10P17Aug12】ビューティーヘルスエンザイム【…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ