ファスティング 回復食

これまで、さまざまなダイエット方法がメディアなどで紹介されてきました。そのため、リバウンドに対する危険性の高さを十分理解している人も多いでしょう。ファスティングという、少しマゾ的とも言えるような積極的なダイエット方法では、リバウンドへの危険性はさらに高まります。ファスティングでのリバウンド対策は、ズバリ、回復食にあります。

ファスティングによるダイエットを成功させるためには、「回復食」を取り入れることが必要不可欠です。そうでないと、他のダイエット方法同様に、失敗してリバウンドしてしまいます。

ファスティングに必要な「回復食」とは、絶食状態にあった身体を除除に普段の食事に慣らしていくためのものです。この回復食を摂らずに、すぐに絶食前と同じ食事に戻ると、胃腸が食べ物を受け入れることができず、消化不良を起す原因となります。一般的には、絶食日数=回復食日数とされ、1日絶食していたら、1日回復食を摂るのが良いとされています。可能であれば、もう少し長めにすると、身体への負担が少なく済むでしょう。

ファスティングダイエットで取り入れる回復食は、「おかゆ」やヨーグルト、パンプキンスープなどが良いでしょう。空腹を我慢出来ない時は、チューインガムを噛むのも効果があります。口が淋しいという感じが収まりますし、唾液が分泌されることで脳の中の満腹中枢に指令が行き、空腹感がなくなります。ただ、噛み過ぎると顎が痛くなりますので、ほどほどにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ