ファスティング 復食

ファスティングによるダイエットをきちんと成功させるためには、「復食」が重要です。「復食」という言葉は耳慣れないかも知れませんが、ファスティングでは非常にひんぱんに使用される言葉です。

「復食」とは、ファスティングによって長時間、空になっていた胃腸に負担をかけずに、ゆっくりと通常の食事に戻すために一時的に摂る必要がある食事のことです。一般的には、おかゆが「復食」として一番好まれていますが、注意したいのは、その「柔らかさ」です。おかゆは、作る時の水と米の割合によって、消化しやすさに差が出ます。ファスティングの復食に於いては、特にファスティングの直後ではほとんど米粒が残らないくらいの状態が良いでしょう。そこから、除除に水分量を減らして作ります。温度も、熱過ぎる状態では胃腸がびっくりしてしまいますので、人肌程度にまで冷まして、ゆっくりと食べましょう。

必要なことは、消化が良く、油分ができるだけ控えた食事を厳選することです。消化の良い野菜や果物類も少しずつ取り入れていきましょう。大豆や納豆などの豆類や、海藻、いも類なども良い食材です。肉はできるだけ避けて、脂肪の少ない白身魚を選びましょう。

ファスティングでは、この復食の段階が上手くいかないとリバウンドを起こし、すべての努力が水の泡になってしまいます。このような残念な結果を引き起こさないためにも、時間をかけてゆっくりと取り組むように心がけてください。

これさえあれば、回復食は心配なし!3...

これさえあれば、回復食は心配なし!3…
価格:1,400円(税込、送料別)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ